グルコサミンサプリ・コンドロイチンサプリの選び方

グルコサミンサプリ・コンドロイチンサプリは、ひざ関節の柔軟性や可動性にお悩みの方に根強い支持があります。

 

「つまづかないか不安・・・」「バスの乗り降りでドキドキ・・・」「旅行を楽しみたいのに心配で・・・」という方に、グルコサミン・コンドロイチンは人気のある成分ですが、最近では最新成分のプロテオグリカンを配合しているサプリメントも多くの方に選ばれています。

 

以下に人気のサプリメントを厳選していますので、参考にしてみてください。

 

累計184万人の歩みを助けたテレビCMでもおなじみの「皇潤」シリーズから新登場の機能性表示食品。

「非変性U型コラーゲン」が配合されており、ひざ関節の柔軟性・可動性をサポートしてくれます。

「U型コラーゲン」はひざ関節軟骨の重要な主成分であり、「非変性U型コラーゲン」を摂取するとひざの可動域が改善したという実験結果も出ています。
価格 評価 備考
3,900円 評価5 あの皇潤シリーズから機能性表示食品が新登場!

グルコサミン・コンドロイチンを超えるといわれる注目成分で動きをサポート。

5つの特許成分UC-U(非変性U型コラーゲン含有)に加えて、最新スムーズ成分プロテオグリカンを配合。

グルコサミンはプロテオグリカンを作る成分であり、コンドロイチンはプロテオグリカンの中に存在する成分です。
価格 評価 備考
2,980円 評価4 最新軟骨成分「プロテオグリカン」配合

約10日間480円モニターの参加者募集中。

グルコサミンを含んでいるプロテオグリカンを良い形で摂取するために、「新鮮な天然鮭」+「極生」にこだわりが。

プロテオグリカンは抽出の際にバラバラになりやすいのですが、「北国の恵み」では抽出の際に熱を与えることなく丁寧に抽出されているのでプロテオグリカンの構造を壊しません。
価格 評価 備考
480円 評価4 満足度91% 累計販売66万袋突破

 

 

「グルコサミン&コンドロイチン」サプリメントについて

ひざ痛や関節痛を予防、緩和ができることから各メーカーがサプリメントを競って研究開発していますが、どれも大差はないように思えます。
購入する際の選ぶ基準は、グルコサミンとコンドロイチンの配合量です。

 

グルコサミンは体重が55〜90sの人は、1日1,500rが推奨摂取量とされていますので、この枠より低い、あるいは高い人は加減をする必要があります。適切な摂取量を無視すると、効果がでなかったり、過剰摂取となってしまうことがあります。

 

コンドロイチンは体重によって推奨される摂取量が変化します。
体重54s以下の場合は800r。55〜90sの人は1,200r。91s以上の人は1,500rが推奨摂取量です。

 

グルコサミンとコンドロイチンを一緒に摂取する場合は、グルコサミンとコンドロイチンの比率が5:4になるように摂取するといいです。
グルコサミンが1,000rであればコンドロイチンは800rになります。

 

コンドロイチンの摂取には注意が必要です。コンドロイチンは基本的に副作用はありませんが、過剰摂取すると胃痛、腹痛、吐き気などの症状が稀にでることがあります。

軟骨減少改善のサプリ「グルコサミン」

グルコサミンはどんなものかは知らなくても名前は聞いたことがある、と言う人が多いのではないでしょうか。毎日のように目にしたり聞いたりするサプリメントで、ひざ痛や関節痛に効果があると宣伝しています。

 

グルコサミンは膝の軟骨の材料になる成分で、医学的にもひざ痛に効果があることが証明されています。減ってしまった軟骨の再生を促す働きがあり、副作用もほとんどないため、多くの関節症のサプリメントの材料になっています。

 

ただ、グルコサミンはエビ・カニが原材料ですから、それらに対するアレルギーを持つ人は要注意です。

 

グルコサミンのサプリを選ぶときは、1錠あたりの含有量が多いものを選ぶこと、そして毎日続けることが重要なので、コストパフォーマンスに優れていることも大切です。

コンドロイチンもグルコサミンと同じように軟骨となる材料です。

色々な種類があって、人間のコンドロイチンは硫酸A型とC型が存在しています。これと似たコンドロイチン組成は鮭ということです。

 

コンドロイチンは多糖類で、タンパク質などと結びついて軟骨や皮膚、脳など多くの組織に存在しています。なので、コンドロイチンが減少してくると、体のあちこちに不具合が生じてしまいます。

 

コンドロイチンA型は加齢とともに大幅に減少するので、食事やサプリメントなどで補給する必要があります。

関節の健康維持を運動で

年齢が進むと誰もがかかりやすくなる「関節痛」。40歳を過ぎたころから関節痛になる確率が高くなります。しかしなるべくその時期を遅らせるようにすることはできます。

 

日頃から食事内容に気を配ったり、冷えから体を守ったり、軽い運動を続けるなどで関節を健康に保てます。また40歳を過ぎたら特に、関節軟骨のためのサプリメントなどで骨の栄養を補うことも大切です。

 

関節痛になっている方も痛みの緩和などにサプリメントは有効ですが、毎日の生活を見直すことでスムーズな動きができるようになります。

 

軽い運動や筋トレを毎日続けることで、膝にかかる負担が軽くなります。
特に太ももに筋力をつけると、膝関節を筋肉がしっかり支えてくれるので、立ち座りや階段の昇り降りも楽になります。

 

方法はイスに座ってすると楽にできます。必ず呼吸をしながら行います。イスに浅く腰掛けて、片方の足をまっすぐ平行になるところまでを目安に上げて、3秒ほどキープ。これを左右の足で3回ほど行います。

 

もうひとつイスに腰掛けてする方法として、片方の太ももに両手を重ねて置き、脚はあげようとする、手は下へ押すという反発運動をします。
これも左右で行いますが、押すときに息を吐くのがコツ。最初に息をいっぱい吸っておいて徐々に吐きながら押し合います。

 

また、ストレッチで関節を常に柔軟に保っていれば、曲げ伸ばしが楽になります。肩こりや膝関節痛に効果があります。
大切なのは、無理をしないこと。痛くなるところまで無理に伸ばす必要はありません。やり過ぎは逆効果になります、気持ちがいい所で止めましょう。ゆっくりと呼吸をしながらすることも大切なポイントです。

グルコサミン関連サプリ商品にもいろいろ

高齢者が増えてきている近年では、関節痛やひざ痛が持病となっているお年寄りが増えています。関節痛、ひざ痛に効果があるというサプリメントがたくさん出回っています。たくさんありすぎて選ぶのに迷ってしまいますが、配合されている成分をよく確認することが大切です。

 

小林製薬の「グルコサミン&コラーゲンセット」
製薬会社の安心して飲めるサプリとして人気があります。グルコサミンにコラーゲンをプラスしたサプリメントで、必要な成分が配合されています。初めて購入する場合は特別価格になります。

 

「えがおのグルコサミン」
たくさんの健康食品を扱うことで有名な「えがお」のグルコサミンです。
アラスカ産ズワイガニを原料としていて、1日8粒を摂取することで推奨摂取量1,500rを補うことができます。

 

「サントリーグルコサミン&コンドロイチン」はセサミンで有名なサントリーウエルネスの商品です。グルコサミンにコンドロイチン・U型コラーゲンの3つの成分に加え、ポリフェノール「ケルセチンプラス」を配合しています。価格は7,800円と高いのですが、効果が高く人気商品となっています。

 

「グルコンEX錠」は日本薬師堂の商品で、これまで10年以上、関節痛に関する商品の販売を行ってきた老舗です。痛みの緩和に的を絞った成分配合で、あらゆる場所の関節痛を和らげる効果があります。

 

「世田谷自然食品グルコサミン」はテレビや通販サイト、雑誌、新聞などでお馴染みのサプリメント。グルコサミン・コンドロイチンに加え、話題の栄養素であるヒアルロン酸・U型コラーゲン・しょうが末・糖転移ビタミンP・ビタミンCなど、7種類もの素材を配合しています。初めての方は、1,000円で約半月分が購入できるので試してみてもいいですね。

更新履歴