膝関節は体の中で最も大きい関節で表面が軟骨で覆われた状態です。

弾力性に富んだ軟骨は、衝撃を和らげたり、関節の動きを滑らかにしたりしています。滑膜から分泌される関節液は軟骨の成分の一つであるヒアルロン酸を含んだ粘り気のある液体で、潤滑油の役割をしています。

 

変形性膝関節症は年齢が進むと発症する数も増加します。60歳以上の女性の約40%、男性では約20%。これが80歳以上になると女性60%、男性50%近くが罹患しています。これらの約20%の方が膝の痛みや腫れなどの自覚症状を訴えています。

 

はっきりとした原因は解明されていませんが、加齢による関節軟骨の老化、肥満、筋力の低下などが大きな要因と言われています。女性に多いことも特徴ですが、O脚にも関係があるともいわれ、O脚は膝の内側に負担がかかりやすくなるため、日本人はもともとO脚の傾向であることから膝の内側により強い変形が見られるようです。

 

O脚で、肥満傾向の女性は、年齢が進むと変形性膝関節症になりやすいということを知っていれば、肥満改善やO脚を直して予防できますね。

変形性膝関節症の症状

変形性膝関節症は加齢のため変形して壊れ、炎症を起こして痛みがでる病気です。毎年90万人もの人が発症しているとも言われ、女性に多く見られる病気です。

 

膝関節症の症状が進むと、日常生活で膝を動かすときに痛みを感じるようになります。特に立ち上がり歩行時や階段の昇り降りなどの膝に体重がかかるときに多く見られます。

 

日常生活では膝をピンと伸ばして立つことや正座したり、しゃがんだりという動作にも不自由が生じます。
さらに関節炎によって多量に産生された関節液が膝関節のなかに溜まると言う症状が出ます。一般にヒザに水が溜まるといいます。