膝関節など

人の体の至る所に関節があります。ひじ、ひざ、手首、足首、指、肩、あご、腰などがその代表的な箇所です。
各部位によってさまざまな病気が起こりますが、とくに気をつけたいのは、膝関節です。

 

膝は全身の体重を支えるため負担も大きく、変形性膝関節症、慢性関節リウマチ、半月板損傷などが膝関節の三大病といわれるほどです。

 

・変形性関節症は関節の軟骨がすり減ったために痛みが生じる病気。特に膝関節がこの病気になりやすく、加齢によって関節のクッションの役割をする軟骨がもろくなり、さらに筋肉量も減っているため関節への負担は増して痛みが強くなります。軟骨再生を促すサプリなどで痛み緩和と予防をしましょう。

 

・慢性関節リウマチは全身の免疫異常で、滑膜に炎症が生じ、関節軟骨が破壊されます。手や指などの小さな関節に発症することが多く、進行すると全身の関節が破壊されて機能障害にまで進んでしまいます。

 

・半月板損傷は膝関節の左右にある内側半月板、外側半月板がスポーツなどのケガや変性などで損傷、断裂した状態のことです。
加齢によって軟骨がすり減っている上に、外部からの刺激で半月板損傷になることもあります。

 

・変形性脊椎症は背骨の老化によっておこる病気。腰の重圧感から中腰を長く続けたり、あぐらをかくと痛くなったりします。進行すると腰を曲げることができなくなります。

 

・化膿性関節炎は関節にブドウ球菌、連鎖球菌、肺炎球菌などの細菌が侵入して化膿して炎症を起こします。血液やケガの傷口から感染すると、関節が赤く腫れて熱を持ち、痛みも出てきます。このまま進行すると関節が破壊されてしまいます。

他にもいろいろ

・肩関節周囲炎は一般に言う、「五十肩」。肩や関節のまわりの組織が炎症して痛みが生じたり、腕を上げられない、背中に手を回すのがつらい、などの障害が起きます。

 

・痛風も関節痛を引き起こします。血液中の尿酸が通常より高くなって、尿酸の結晶が関節に炎症を起こす病気です。肥満、アルコール摂取過多で発症することが多い。症状はまず足の親指の付け根が赤く腫れあがって、強い関節痛が起こることが多いようです。

 

関節痛の痛みは生活に支障をきたし、不便なだけではなく、老人などは別の病気にまで進行してしまいます。病気を予防するために軟骨の再生をうながすグルコサミン、コンドロイチンなどの補給や運動、筋トレなどを心がけることが必要です。